「ハクビシン」という動物をご存知の方もいるかもしれませんが、鼻にかけて白いラインの模様と長い尻尾が特徴のイタチに似た動物であり、農作物に被害を与えることから害獣扱いされている動物でもあります。しかし、最近では住まいの屋根裏などに住み着き、糞尿を撒き散らして悪臭や病原菌による健康被害をもたらしかねないので、もしも家にいるのではないかと考える場合はハクビシン駆除をすぐに検討しましょう。

害虫駆除リスト

もしもハクビシンが家に住み着いてしまったらすぐにハクビシン駆除を業者へ依頼すべき

更新日:

ハクビシン駆除は被害が大きくなってしまう前に早めに検討するべき住まいの問題

害獣といえば少し前までは農作物に被害をもたらすイメージが強かったのですが、最近では住宅地にも出現するようになり、そして住まいに勝手に住み着いているなどの身近な問題ともなりつつあります。

ハクビシン 駆除

今回はその害獣の中でも「ハクビシン」と呼ばれる動物について、もしも住まいにハクビシンが現れたらどうするか?という問題に対してすぐにハクビシン駆除をオススメする理由を解説します。

ハクビシンはアライグマやイタチのような見た目ではありますが、長い尻尾、そして頭から鼻にかけて白いラインが特徴的な動物であり、住宅地でも目撃例が増えていることから実際に見た事がある方もいるのではないでしょうか?

このハクビシンは害獣として認知されており、農作物を食い荒らすだけでなく、飼っている犬や猫を含む小型のペットがハクビシンに襲われてしまったという話もあるほどです。

そして最近ではハクビシンが住宅地でも現れたという目撃情報もあり、実際に見かけるようになってから住まいの屋根裏に何かがいるので調べた所、やはりハクビシンが住み着いていたせいで糞尿による被害が酷いことになっている被害も報告されております。

そのため、もしも住まいの天井裏にハクビシンが住み着いている、もしくはその可能性が考えられたりするなどがあれば、速やかにハクビシンを含めた害獣駆除の検討をしなければなりません。

ハクビシン駆除が遅れれば遅れるほど、住まいへの被害が大きくなるだけでなく、住んでいる人の健康被害なども考えられますので、今回はハクビシンの被害や駆除について解説していきます。

ハクビシンのもたらす被害からわかるハクビシン駆除の重要性とは?

ハクビシンに限らず、害獣としてはアライグマやイタチといった他にも様々な動物がいますがいずれも駆除は早めに検討しなければなりません。

その中でもハクビシンがもたらす被害というのはどのようなものがあるのか?については以下のような被害例から、もはやハクビシン駆除は迷う必要性はないと言えるでしょう。

ハクビシンが屋根裏にいると騒音や糞尿による被害は住まいと人間に大ダメージ

屋根裏はハクビシンにとっては天国のような場所であり、天敵となる動物はいない、虫などがいるのでエサにも困らないなど、素晴らしい住処となってしまっているのです。

そのため、ハクビシンが屋根裏に住み着いて走り回ったりすると音が気になってしまい、特に夜中に騒音を出されては住んでいる人にとって溜まったものではありません。

しかもハクビシンはタメ糞と呼ばれる習性があり、この習性は一箇所に糞尿をするので屋根裏にハクビシンの糞の山ができてしまいます。

当然ですが、ハクビシンの糞の重さ、そして尿による屋根裏の腐食が進んでしまうと、場合によっては糞の山に耐えられなくなって糞や尿が落ちたり、最悪の場合は天井が抜けることもあります。

もちろん、そうなってしまえば修繕費などもかかってしまうため、家の経済にもダメージが及んでしまうので「生物がいるのでは?」という気付きや早期発見もまた重要となります。

ハクビシンが持つ病原菌に感染すると死亡リスクもある!?

害獣の恐ろしい点と言うのは媒介している病原菌をはじめとして、寄生虫やダニといった人間にも感染する可能性があるものを持っていることで、ハクビシンも決して例外ではありません。

ハクビシンも病原菌などを持っており、これらはハクビシンに触れたり、噛まれる、ひっかかれるなどでも感染してしまう恐れがありますので、見つけても触ったりしないようにしましょう。

さらにハクビシンによる糞尿にも病原菌が残っており、さらに不衛生なことから他の雑菌も集まってくるため、これらの糞尿にも感染のリスクが残っているのです。

これらの病原菌に感染したりすると、場合によっては重篤となってしまい、死亡するリスクもあるのでハクビシン、または糞尿を見つけても素手で触ってはいけませんが、小さいお子さんがいるご家庭だとこれは大変な問題と言えるのではないでしょうか。

ハクビシン駆除は自力で行うのが難しいので害獣駆除業者に依頼するしかないのはなぜか?

ハクビシンが家に住み着いたとしても上記のようなデメリットしかありませんので、ハクビシン駆除は早く決断するほど被害の拡大を防げます。

しかし、ハクビシン駆除は自力で行う事ができない理由がいくつかあり、その一つが触れてしまうことによる病原菌の感染ですが、もう一つの問題が法律によってハクビシンが駆除できないことにあります。

ハクビシンは鳥獣保護法と呼ばれる法律によって守られており、勝手に個人で罠を使って捕獲したりすると違反行為となるために罰金刑などが科せられてしまい、金額も100~20円万以下とかなり高額ですので手痛い出費になるでしょう。

そのため、ハクビシン駆除をする場合は捕獲の許可を役所に申請したりしなければならず、罠を使って捕獲するとしても狩猟免許が必要なので、個人でハクビシンの駆除は難しいと言えます。

よって、ハクビシンによる被害で悩んでいる場合は、ハクビシン駆除ができる駆除業者に依頼をしたほうが安心、さらに自力でやる場合よりも安全です。

ハクビシン駆除は害獣駆除の業者に依頼するほうがメリットが多い理由

ハクビシン駆除を個人で行う場合、許可の申請、狩猟免許、さらに感染を防ぐために厳重な装備が必要ですが、ハクビシンのためにここまで行うのは時間もお金もかかって面倒です。

そのため、害獣駆除に関して専門的な業者に依頼して、ハクビシン駆除をお願いしたほうが様々なメリットがあるのです。

一つ目のメリットとしては業者がハクビシン駆除の追い出し作業を行うため、住んでいる人がハクビシンに触れる必要が無くなりますので病原菌に感染したりするリスクが無くなるのが大きなメリットです。

次にハクビシンが汚した場所の清掃や消毒といった重要な作業、さらにまたハクビシン駆除をする羽目にならないようにハクビシンが侵入する経路などを封鎖するなどの予防も行います。

これらの点からハクビシン駆除を考えている場合は自力よりも、実績などがあって信頼できる害獣駆除の業者へ依頼したほうが安全であり、問題の再発を防げますのでハクビシンの被害が大きくなる前に依頼しましょう。

-害虫駆除リスト

Copyright© 害虫駆除バスターズ , 2018 All Rights Reserved.