多くの人が知っている、かつそこらへんで見かける野鳥としては「鳩(ハト)」を思い浮かべる人もいるかと思われますが、人によっては鳩の被害で悩んでいる人もいるほどです。今回は鳩による被害から鳩駆除を考える場合に自力では難しい理由、業者へ相談するほうがメリットが多い事についてご紹介していきます。

害虫駆除リスト

鳩の被害で悩んでいて鳩駆除を考えている方は駆除業者に相談するほうが安心できる理由

更新日:

鳩駆除の依頼が増えるほどとなっている鳩による住まいなどへの被害とは?

「鳩(ハト)」と言えばどんな方でも一度は見た事がある野鳥であり、手品用に白い鳩もいたりすることから人にとってかなり身近な鳥と言えるでしょう。

鳩駆除

基本的に臆病な性格をしているので、鳩が人を襲うようなことはないためにそれほど害がなさそうに見えるのですが、実は近年鳩駆除の依頼が増えてきているのはご存知でしょうか?

「人襲う鳥じゃないはずだが…」と考える方も多いかと思われますが、実は鳩による住まいへの被害としては以下のような糞害があり、実はかなり深刻な内容でもあるのです。

鳩の糞のせいで住まいの周囲が汚くなってしまう

鳩駆除の依頼で一番多い悩みが鳩の糞というともかく汚い話ではありますが、鳩の糞であっても大量にあると誰でも不快感を示さずにはいられないでしょう。

やはり住まいの周囲が糞まみれの状態になってしまうと、家に住んでいる人も気分が悪くなり、もしも商売をしているのであれば不衛生な店と思われてしまいます。

住まいなどに鳩が巣を作ってしまったりすると、その下は糞でともかく酷い事になってしまうため、毎日掃除しても次の日にまた糞を…というループが繰り返されてしまいます。

別にペットとして飼っているわけでもない鳩の糞害ですが、実はこの糞に人体へ悪影響を及ぼす可能性があるのはご存知でしょうか?

鳩の糞の影響で病気になってしまっている人がいる

鳩の糞の影響で病気になった、という話はにわかに信じがたいのですが、実際に鳩の糞を掃除している人が病気になったという話があります。

やはり鳩も野生の動物であるため、様々な病原菌を媒介しているので鳩の糞と言えどどんな病原菌がいるかわかりません。

そのため、鳩の体から糞と共に出てきて人に感染する病原菌などがいるという点から見れば、鳩に対してかなり危険を感じるのではないでしょうか?

また、鳩の糞によって別の病原菌や害虫を呼び寄せてしまう可能性もある事から「所詮は鳩の糞だろう」と侮ってはいけないので、これらの点から鳩が住み着いているなら早めに鳩駆除を考えたほうがいいでしょう。

鳩駆除は自力でできないために鳩除け対策しかできない理由とは?

上記の鳩による被害や悪影響などから「うちにも鳩が巣を作っているから糞害が酷い」と思っている方はすぐに鳩駆除を決断するべきです。

しかし、もし鳩駆除を自力で考えている場合はオススメ出来ない理由が二つありますので、鳩の駆除は害獣駆除ができる業者などに相談したほうが良いでしょう。

鳩駆除を自力で行うことにオススメ出来ない理由ですが、一つは法律的な問題があり、簡単に言えば鳩を駆除するために捕獲や過激な追い出しができないと言うことです。

鳩は鳥獣保護法と呼ばれる野生の動物を保護するための法律の対象となっているために捕獲などができず、基本的には追い出すという形でしか対処ができません。

例え知らなかったとしても駆除に必要な許可申請を行わず、独断で鳩駆除を行って鳩を傷つけたり死なせてしまったりすると、法に触れてしまう行為となって罰金刑などが科せられかねません。

次に鳩も天敵に襲われないように安全な場所に巣を作るため、人の手が届きにくい場所などに巣があれば撤去するのも難しく、屋根づたいに移動するのも危険なのでオススメできません。

これらの点から鳩の駆除は難しいので、予防策として鳩除けグッズなどで普段から対策をしなければなりませんが、これら鳩対策を普段から行っている方もあまりいないのではないでしょうか?

よって、鳩の被害で悩んでいる方は自力の駆除よりも、鳩駆除について専門的な知識と対処方法を持つ害獣駆除の業者へ依頼したほうが安全です。

鳩駆除を考えているのであれば害獣駆除業者に依頼したほうが良い三つの理由

もしも鳩の被害で悩んでいるので駆除などを考えている場合、自力での駆除は鳩が法律によって守られているので方法が悪いと法に触れる可能性、さらに巣の場所が人の手に届かない場合は事故が起きる可能性もあるのでオススメできません。

そこで、鳩駆除を考えているならば害獣駆除業者に依頼したほうが安全かつ、鳩を傷つけずに追い出し、さらに帰巣本能が強い鳩がまた戻ってこないように対策もしてくれます。

害獣駆除業者に鳩駆除を依頼すると以下のようなメリットが三つもあるので、自力で駆除するよりも明らかに効果的で面倒がないのがわかると思われます。

鳩の追い払いと巣をこちらが危ない思いをすることなく撤去してくれる

害獣駆除業者に鳩駆除を依頼する際に考えられる一番のメリットとして、こちらでは手が届かない場所や撤去が難しい場所に作られてしまった鳩の巣を撤去してくれます。

鳩は臆病な鳥なので天敵に襲われにくい場所などに巣を作るため、家の構造次第ではとてもではありませんが届かない場所に巣を作ってしまうことが多いです。

自力で撤去する場合は梯子かなにかが必要になりますが、もしも足を滑らせたりすると大きな怪我をする恐れがあるので、高い場所や撤去が難しい所にある鳩の巣は害獣駆除業者に撤去してもらいましょう。

また、鳩を傷つけて追い出したりすると罰金刑になってしまいますが、業者ならば専用の方法で鳩を傷つけずに追い出してくれるので、法に触れることもないのも安心できるポイントです。

鳩の糞や巣があった場所の清掃や消毒を行ってくれる

「鳩を追い払い、鳩の巣も撤去できればこれでもう安心…」ではなく、他にも様々な作業が残っています。

残っている作業の中でも大事なのが清掃や消毒であり、すでに解説しておりますが鳩の糞にも有害な病原菌などがいるため、鳩がいなくなってもまだ安心できません。

ですが、害獣駆除業者であれば巣があった場所、糞害が酷い場所の清掃をお任せできる上に消毒もしてくれるのですが、ここまで行って初めて鳩駆除は半ばとなるのです。

帰巣本能が強い鳩がもう戻ってこないための対策もバッチリ

鳩は鳥の中でも帰巣本能が非常に強いため、スマートフォンでメールや電話ができなかった昔は伝書鳩という鳩を使った連絡方法があるほどでした。

それほど強い帰巣本能がある鳩を自力で追い払い、巣を撤去してもまた戻ってくる可能性が高いため、鳩がまた戻ってこないようにしなければ鳩駆除は完璧とはいえません。

害獣駆除業者へ依頼すれば防鳥ネットや鳩が嫌うの臭いの忌避剤、剣山などの道具を使用して、鳩が再び戻ってこないように対策をします。

もちろん、これらも自力で行うと出費も発生してしまい、鳩の巣があった場所次第では危険な高所での作業になるので、ここまでの作業を害獣駆除業者に全て任せたほうが得策でしょう。

以上から鳩駆除を考えている場合は見積もりの説明の段階で信用できそうな害獣駆除業者を選び、鳩を追い出したりしてもらったほうが安全かつ面倒もありません。

-害虫駆除リスト

Copyright© 害虫駆除バスターズ , 2018 All Rights Reserved.