「コウモリ」という動物をご存知の方もいるかもしれませんが、主に洞窟などに生息している生物でありながら最近では住宅地でも出現が確認されています。ところがこのコウモリが住まいに現れると、ヴァンパイアのように血を吸われたりする事はないですが、住んでいる人や住まいに対して害を成しますので早めに駆除を考えなければなりません。

害虫駆除リスト

コウモリ駆除も早めに行うことで住まいと家族を守ることができる

更新日:

コウモリが住まいに現れたらコウモリ駆除を考えるべき理由

住まいには外部から様々な害獣や害虫が現れることがあり、これらは住まいに住み着いてしまいますので早めに駆除をしなければ、時間と共に住まいや住んでいる家族に被害が広がっていきます。

コウモリ 駆除

その中でも今回は「コウモリ」がもしも住まいに現れた時、もしくは住み着いてしまったらすぐにコウモリ駆除を考えなければいけない理由について、今回の記事では解説していきましょう。

コウモリと言えば夜行性のイメージが強く、光が差さない洞窟などで虫などを人に聞こえない超音波で探して食べているのですが、実はまだまだ生態が謎に包まれている生物でもあります。

また、一部のコウモリはペットショップで販売されているので飼育可能な種類もあるのですが、野生のコウモリを飼うのは残念ですがオススメできませんので、家に勝手に住み着いているようならば早めに駆除を考える必要があります。

人によってはカワイイと思えるコウモリですが、野生のコウモリが住まいや住んでいる人にどんな被害を与えるのか?についてご紹介していきます。

コウモリがもたらす被害からわかることはコウモリ駆除を迷う必要性は無いこと

コウモリがもしも住まいに現れるとどんな被害があるのか?について、住まいと住んでいる人へ与える悪影響から解説していきます。

まず、住まいに対しては屋根裏コウモリが住み着いてしまうと、夜行性などで明るいうちはじっとしていますが、それゆえに同じ場所へ糞尿を垂れ流してしまいます。

そうなると、次第に糞尿が累積されていき、腐食などが進んでしまって天井から滴り落ちてくる可能性がありますので、その結果として部屋も汚染されてしまう原因になりかねません。

さらに糞尿に害虫が集まってくる可能性もあり、違う害虫被害まで呼び込んでしまう可能性もありますが、さらに厄介な話としてコウモリとその糞尿には人に感染する恐れのある病原菌がいることです。

コウモリもアライグマやハクビシンといった他の害獣のように病原菌を媒介しておりますので、コウモリに触れてしまったり、噛まれたりしても感染する可能性があります。

また、コウモリの糞にも病原菌がまだ残っておりますので、もしも小さいお子さんが触れたりすると大変な事になってしまう可能性もあるため、最悪のケースを迎える前にコウモリ駆除はすぐに行うべきです。

被害が大きくなる前にコウモリ駆除を自力で行う場合は様々な準備が必要

コウモリが住み着いてしまったときのリスクは上記で触れておりますが、いずれも無視できるものではありませんのでコウモリ駆除は早めに決断するのが重要です。

ここで「コウモリぐらいなら自力で追い出せるのでは?」「コウモリ駆除程度に業者を呼んでいたらお金がかかる」と思われる方もいるかもしれませんが、その場合は様々な準備が必要になります。

まず、基本的に鳥獣保護法という法律によってコウモリは無許可での殺処分などが禁じられており、罠を使った捕獲にも狩猟免許が必要となってしまいまいますので、知らないでコウモリ駆除をすると罰金などが科せられてしまいます。

仮に罠で捕まえたとしても素人がコウモリの殺処分をする事は難しく、実際の駆除でも害獣駆除業者は基本的に追い出しという方法でコウモリ駆除をするため、この時点で「そんなのは面倒だ、難しい」と感じるのではないでしょうか?

また、追い出したとしても再発防止として侵入口を塞いだりしなければまたコウモリが戻ってくるため、これらの処置をしなければ駆除したことにならなくなってしまいます。

さらにコウモリの糞もしっかりと掃除しなければ不衛生なままとなってしまい、さらに糞を掃除しても糞尿の跡へ消毒作業もしなければなりません。

そしてこれらの作業をするためには、必要となる道具や消毒の薬などをホームセンターなどへ買いに行く手間も発生します。

よって、コウモリ駆除を考えているのであれば自力で行うのはかなり困難や危険も伴うこと、さらに薬剤や道具を揃える場合も出費が発生するため、それならば最初から害獣駆除業者へ依頼するほうがオススメです。

コウモリ駆除は害獣駆除の業者に任せた方が良いメリットが三つもある

上記でも触れていますがコウモリは原則として捕獲・殺処分が法律上できないこと、追い出すために煙の出る道具や後始末などに薬剤なども使いますので、手間、出費、時間もかかり、時にはケガをしたりする恐れもあります。

しかし、コウモリ駆除を害獣駆除業者にお任せすることで、上記の面倒な作業や危険な思いをする事も無くなり、以下のようなメリットなどもあるので是非検討してみてください。

捕獲できないコウモリの追い払いを確実に行ってくれる

法律の話でもありましたが、コウモリの捕獲は狩猟免許がない限りは原則不可能なので基本的には追い出すしかありません。

その場合はコウモリ駆除用の煙を発生させて追い出す、またはコウモリの苦手な強力な光を浴びせるなどがありますが、これらも適切に行わなければコウモリに対して効果がありません。

また、方法を間違えると健康被害もあり、場合によってはご近所さんにも迷惑がかかってしまうので、コウモリ駆除ができる業者に任せた方が確実と言えるでしょう。

コウモリの糞を代わりに片付けてもらえるので安心できる

コウモリを追い出せたとしても今後はコウモリが住まいに排泄した糞の山を掃除しなければ、その場所がずっと不衛生なままだと本当の解決になりません。

しかし、コウモリに触れなかったとしても糞の山から病原菌に感染するリスクもあること、片付けるのは臭いや汚い点から嫌悪する方も多いのですが、コウモリ駆除を依頼すればこれらも代わりに片付けてくれます。

駆除業者が代わりに片付けてくれるため、住民も感染する危険は無く、さらに消毒作業などもしてくれますので最初から最後までこちらが何かする必要はありません。

コウモリの進入路となってしまう隙間を塞いでくれるので再発防止もおまかせ

コウモリを追い出し、糞を片付けたとしても進入路となっていた隙間を塞がなければ、またコウモリが戻ってきてしまう可能性や別の害獣が侵入する恐れもあります。

ですが、コウモリ駆除ができる業者であれば進入路となる場所の特定、さらにその隙間を塞ぐ道具等も持っておりますので、コウモリが再び住み着くことも防ぐことができるのです。

これらの点から考えると、自力でやる場合はケガなどをする危険性や時間、手間、出費がありますので、コウモリ駆除は最初から駆除業者へ依頼するのが安全で確実と言えます。

ただし、駆除業者選びも重要なので、業者との電話のやり取りや見積もりに来た時に不審な点や契約をやたらと迫るようなことなどがないか?などもチェックしましょう。

-害虫駆除リスト

Copyright© 害虫駆除バスターズ , 2018 All Rights Reserved.