住まいに現れる困った害獣としてよく挙げられるものとして「ネズミ」を思い浮かべたり、現在進行形でネズミによる被害を受けていて駆除を丁度考えている人もいるでしょう。今回は早めのネズミ駆除をすることによるメリット、さらにネズミがもたらす害から駆除を急がなければいけない理由についてご紹介します。

害虫駆除リスト

ネズミ駆除をしなければ住まいや人への健康被害が大変な事になるので早めの決断が重要

投稿日:

ネズミ駆除を考える前に知っておきたいネズミの持つ害とは?

住まいにおいて外からやって来る害虫や害獣の類のほとんどは、体こそ人間よりも遥かに小さいのにも関わらず、住まいや人に対しても甚大な被害をもたらす生物もいます。

ネズミ駆除

特にその中でもネズミに関しては体が小さくても住まいや人に対して様々な害を与える害獣なので、住まいなどで存在が確認できればすぐにでも駆除を考えるべきと言えるでしょう・

このネズミがもたらす害としては主に以下のような事が当てはまるため、ネズミ駆除を迷う必要性は全く無いと言えるような被害ばかりです。

住まいに対する糞害や齧りに関する物損被害

ネズミの持っている害の一つが住まいに与えるダメージであり、経済的な損失だけでなく、結果として大事態に発展したケースもあるので決して侮れません。

ネズミが住まいに侵入する方法としては小さな穴であったり、もしくは壁の脆くなっている場所や少し大きな亀裂のあるような場所からも進入します。

そして、ネズミは習性上あらゆる物を齧るため、大事な物まで齧られてしまって台無しになってしまいますが、もっと危険な物をかじることがあります。

ネズミは電気が通っている電線やガス管などを齧ることもあり、それが原因となって漏電、火災、ガス漏れといった危険な事故が起きる可能性もあるため、ネズミが原因で住まいが大変な事になる危険性は高いと言えるでしょう。

住んでいる人への健康面と精神面へもダメージ

ネズミの恐ろしい部分は住まいに対するダメージだけでなく、住んでいる人に健康面や精神面にまでダメージを与えてくることです。

最初に健康面ですが、ネズミは知っている方も多いと思われますが病原菌を多く媒介しており、体にはダニなどの寄生する害虫もいます。

そのため、ネズミが住まいに侵入するとそれらの病原菌やダニなども一緒に引っ越ししてくることになるので、人に対する健康被害は恐ろしいものになってしまいます。

また、住まいにネズミがいる、夜中に何かが天井などを走っている、というだけでもかなり精神的にこたえますので、精神面でも人間にネズミは悪影響を与えてくるのです。

ネズミ駆除は自力で行う場合に必要なものは時間と根気?

ネズミが家にいると物を齧られてしまうことによる損害や時に漏電といった事故になる可能性、そしてネズミの持つ病原菌やダニなどによって健康被害をもたらすといった恐ろしい存在なのです。

そのため、ネズミがいるとわかった時点、可能性があるならばネズミ駆除はすぐにでも検討しなければなりませんが、ここで気になるのは「ネズミ駆除は自力でできるか?」という点です。

結論から先に言えば「ネズミ駆除は自力で可能だが、時間と根気が必要になる」ということであり、人間よりも小さなネズミですがネズミ駆除を行うためには様々な準備などが必要になりますので、比例して時間もお金もかかる点にも注意です。

まず、ネズミ駆除に必要なこととしてネズミの種類の特定が必要となるので「素人ではネズミの姿を捉えることすら難しいのに種類なんて…」と、この時点で挫折しそうになるかもしれません。

しかし、ネズミの種類がわからなければ詳細な対策が取れませんが、こちらはどうしても難しい場合は無理に特定しようとせず、出現しやすい場所の特定だけでも行いましょう。

次に場所の特定などができればネズミ用の罠を設置してかかる瞬間を狙いたいところですが、すぐにかかるかはわかりません。

ネズミがすぐに罠にかかる場合もあれば、逆に一ヵ月以上も待たなければならない場合もあるため、すぐに成果が出るかは保証ができませんのでネズミとの根気比べとなります。

ネズミ駆除が自力で行うのが危険で難しい理由から業者への依頼も検討すべき?

ネズミ駆除に関しては上記でも触れておりますが、人間よりも小さいネズミであってもこれだけ翻弄される羽目になるのでとても大変です。

また、ネズミ駆除に関しては様々な面において、特に安全性から自力で行う事が難しい理由もあります。

一つはネズミの捕獲ができたとしても処分が難しいことであり、殺処分するとしてもさすがに気が引ける上に「窮鼠猫を噛む」ということわざになるほど、ネズミの中でも人間に攻撃するほどの気性の荒い種類がいるので注意すべきです。

特に体も大きいドブネズミは捕獲できても迂闊に触ると人間が相手でも噛み付いてくるので、怪我だけでなくネズミの媒介する病原菌にも感染しかねないため、時に命に関わる重篤となる可能性もあります。

次にネズミを捕まえたとしても、ネズミは繁殖力に優れているため、可能性としてすでに子供を産んだりして増えている可能性もあり、そうなっていると全て捕まえるのは非常に困難です。

さらに全て捕まえたのを確認してからでなければ、住まいにいる人間としては安心できない上にネズミが進入路とする穴などの封鎖ができませんが、ネズミの数が不明なのに全て捕まえることはとても難しい事です。

そしてネズミの進入路となる穴などの特定も難しく、人間からすると「こんな隙間から!?」と思える場所であったり、場所によっては封鎖するとしても大工さんでない限り危険な作業になる可能性もあります。

ネズミ駆除ではこれだけの困難が伴いますので、難しい場合はネズミの駆除をお任せできそうな信頼できる駆除業者にお任せしたほうが確実で安全です。

ネズミ駆除はお金がかかっても業者に任せたほうが安心かつ安全

ネズミ駆除はとても難しく、自力で行うのは全滅の確認や捕獲したネズミの処分、さらに侵入経路の封鎖とやるべき事が多い上に危険な作業もあります。

なので、危険な目に会いたくはないがネズミの駆除はなんとしても行いたい場合、ネズミ駆除ができる駆除業者へ依頼することで、費用がかかってもネズミ駆除を確実に行ってくれます。

依頼する側からすれば、駆除業者にネズミ駆除を任せることで以下のようなメリットなどがあります。

ネズミの捕獲から処分までお任せできる

自力でやる場合はネズミの捕獲も難しいこと、処分をどうするか?といった問題がありますが、業者に依頼すればこれらの作業を全ておまかせすることができます。

もちろん、ネズミの通り道も特定するため、侵入経路の洗い出しなどもお任せすることが可能である事、機材や罠も専門の物を持ってくるので、こちらから用意したりする必要性もありません。

なお、ネズミ駆除は業者によってやり方が異なりますので、罠で捕獲するのか?もしくはネズミが嫌う薬剤で追い出すのか?などの説明は事前に見積もり段階などで確認しましょう。

侵入経路の封鎖で再びネズミが侵入することを防げる

ネズミ駆除をお任せすると駆除業者はまずネズミの捕獲や追い出しによって、住まいからネズミがいなくなったことを確認することになります。

ネズミがもう一匹もいないのを確認できれば、今度はネズミが侵入する穴などの封鎖をしなければなりませんが、こちらも駆除業者におまかせすれば全て行ってくれます。

そのため、素人だと気づきにくい場所の封鎖、さらに危険な高所での作業になる場合も住民が危険な思いをすること無く、ネズミの侵入経路の封鎖をしてくれます。

もちろん、封鎖すべき場所が多いほど料金も高くなってしまいますので、こちらも前もって見積もり段階で金額の説明をしっかりとしてくれる業者であるかも見極めつつ、依頼を判断しましょう。

以上から、体は人間より遥かに小さいネズミですが、いざ駆除しようとするととても難しいので、無理だと思った時はネズミ駆除を業者にまかせるのがベストとなるでしょう。

-害虫駆除リスト

Copyright© 害虫駆除バスターズ , 2018 All Rights Reserved.