我々の生活に身近な野生の動物において野鳥は一番身近であり、よくいるのが鳩、カラス、ツバメ、そしてスズメといった鳥が身近にいる事が多いです。見た目は可愛らしい鳥のスズメですが、もしも家に巣を作ってしまうと一転して害鳥となってしまいますので、今回はスズメ駆除について早めの対策が必要な理由をご解説します。

害虫駆除リスト

スズメ駆除を業者に依頼すると早めに被害拡大を防げる理由を解説

投稿日:

スズメ駆除を考えなければならない?住まいにできるスズメのもたらす害とは?

我々の生活拠点である住まいには、どこからきたのか勝手に住まいに巣を作ったり、住みついてしまったりする野生の動物がいることもあります。

スズメ駆除

もちろんですが、野生動物に理論や法律は通用しませんので、許可も無く勝手に住みついている以上は駆除を考えなければならないため、今回はその住みついてしまう動物の中でも野鳥のスズメについてご紹介します。

スズメは我々の生活でも身近な野鳥なのは皆様もご存知のように、色んな場所で見かける野鳥で「チュン、チュン」という鳴き声が特徴的な小さな鳥です。

普段から見かける分では人間を襲ったりする事も無く、見た目も可愛らしい野鳥のスズメですが、もしも家にスズメが巣を作ったりした時だけは立派な害鳥となってしまいます。

スズメが住まいに巣を作ってしまい、住みついてしまうとどんな害があるのか?については以下のような問題などが発生するため、スズメ駆除を検討する理由としては十分と言えるでしょう。

スズメの糞によって住まいが不衛生な状態になってしまう

スズメが巣を作って住まいに住みついてしまうと、最初に出てくる被害がスズメの糞による糞害です。

スズメは人間と違ってそこらへんに垂れ流し状態で糞をするため、スズメの巣の周辺は糞まみれとなってしまいますので、非常に不衛生で汚らしい状態となってしまいます。

当然ではありますが、スズメは糞をしても自分で片付けたりする事はありませんので、結局は住んでいる人が清掃などをしなければならなくなります。

しかし、清掃をしてもまたスズメは構わずに糞をするため、毎日毎日、住む許可を与えたワケでもないスズメの糞掃除に頭にくる人もいるでしょう。

特に自宅兼店舗などで商売をやっている人にとっては、お店の周囲がスズメの糞で汚い状態だとお店の衛生面や評判にも関わるため、すぐにでもスズメ駆除をしなければ信用問題となります。

スズメが持つ病原菌などから健康被害も発生してしまう?

大抵の場合、野生動物というのは何らかの病原菌やダニなどの寄生虫を媒介しておりますので、動物のほうが平気でも人に感染すれば重篤な状態となってしまう病原菌や寄生虫もいます。

スズメも例外ではなく、ダニがスズメと一緒にやってきてしまうと、今度はダニによる被害も発生するので住んでいる人にとっては迷惑な話と言えるでしょう。

さらに病原菌も問題であり、少し前に話題となった鳥インフルエンザなどの病気を媒介していると人に感染した場合、時には命に関わる可能性もありますので油断はできません。

体は小さくても人に与える害は大きいため、スズメが巣を作っているなら健康被害が出る前にスズメ駆除を考えたほうが良いのではないでしょうか?

その他にスズメによる考えられる害は沢山ある

不衛生な部分や病原菌などのリスクの他にも、スズメがもたらす害としては他にも挙げられます。

まず、スズメが巣を作ってしまう場所が寝室などの近くや、住んでいる人が集まるリビングだったりすると鳴き声がうるさいため、騒音面でも人に健康被害をもたらすことになります。

次にスズメの糞も不衛生なだけでなく、ネズミや他の害虫を呼び寄せ、違う害虫・害獣問題を呼び込んでしまう恐れもあるので、糞による悪影響はさらなる悪影響を呼んでしまうのです。

また、スズメは雑食な動物なので何でも食べるため、もしも住まいの近くで米などの穀物を育てる農業を営んでいる方に取っては、大切に育てている米などを食べられる被害も発生します。

そのため、小さい鳥と言えど決して手加減せずにスズメ駆除を考えなければなりませんが、実はスズメの厄介な点は駆除をするところにもあります。

スズメ駆除は事故や再発のリスクもあることから自力だと難しい?

上記で触れたように体は小さいスズメですが、住まいや人に与える悪影響は大きいために早めの駆除を考えるべきと言えるでしょう。

しかし、スズメの駆除は自力で行う場合、怪我をする恐れがある事、さらに再発防止もしなければまたスズメが戻ってきてまた被害が発生するという可能性もあります。

スズメ駆除の話をする前提として、自力での駆除が難しい理由の一つが「スズメは鳥獣保護法の対象」という点であり、簡単に言えば法律によって捕獲や殺傷が認められておりません。

そのため、気に入らないからと言ってスズメを傷つけたり、巣を乱暴に破壊して中の卵も壊すような真似をすれば、法律違反となってしまいますので罰金などが科せられます。

また、スズメの巣が高い場所にあって自力の駆除をしようとするとなれない作業で転落の恐れがあること、スズメが戻ってこないように再発防止などの対策もしなければまたスズメに悩まされてしまいます。

これらの点から自力で行う場合は事故のリスクや手間や時間、面倒が発生するので、難しい場合は自治体や駆除業者などに相談するのも良いでしょう。

スズメ駆除が自力で難しいなら自治体や駆除業者に相談するのがベストな選択肢

スズメを駆除することについて、わざわざお金もかかるのに業者を呼ぶ必要もない、場所的に自力で駆除できる、と思っている方もいるかもしれません。

しかし、上記で触れたように自力での駆除は事故が起きる可能性、さらに法律違反で罰則を受けることもあること、また巣を作られないようにする工夫なども必要となってしまいます。

そのため、もし自力でスズメ駆除が難しい、できない場合は無理せずに自治体や駆除業者へ相談するのがオススメです。

ただし、自治体に関してはスズメの巣を駆除する対応は各自治体でバラバラなため、駆除の範囲は公共の場所だけであったり、自力での撤去の許可しか出さない、駆除に必要な道具を貸し出すだけなどで確実性に欠ける可能性もあります。

確実なのはスズメ駆除ができる害獣駆除業者に依頼することで、お金こそかかりますがスズメを傷つける事無く、さらに住んでいる人が危険な目に遭う事も無くスズメの巣の撤去がおまかせできます。

さらに病原菌や他の害獣・害虫を寄せ付けないために糞の清掃や消毒作業もしてくれるので、これらも自力でやろうとすると出費と手間などがかかってしまいますが、業者に任せられるならば安心できるとも言えるでしょう。

そして、一番重要なスズメが戻ってこないようにする再発防止策も希望すれば行ってくれるため、「スズメが戻ってきてまた被害が…」と悩む必要性も無くなるのです。

以上から、スズメ駆除は自力だと難しいので自治体に相談するのも良いのですが、その際の対応は各自治体の判断によりますので確実な駆除ができる保証はありません。

業者に依頼する場合は信頼できる業者を探す手間や、出費が必要になってしまいますが、スズメの駆除で面倒や危険な目に遭う事がありませんので、スズメに悩んでいるなら依頼することを検討しましょう。

-害虫駆除リスト

Copyright© 害虫駆除バスターズ , 2018 All Rights Reserved.